びわまる(1000粒入)、長崎産

びわまるは、すごく重要です 肝臓を主に強化しこれは高知医大で研究されて肝臓にいいことが わかり私はわざわざ高知医大に電話して当時の話を聞いたぐらいです 肝臓にいいとはすごいことで、人間の体はどの臓器も大切なのですが 中でも肝臓、腸がすごく大切な臓器なのです 例えば以前一日一食、玄米菜食 毎日マラソンをしていたときがありましたが 1カ月すると宿便が出て体が軽くなります しかしある時肉を食べたら一気に体が重くなるのです これは肝臓に負担がいってることとなります 平賀佐和子さんが原爆症で肉を食べるのをやめたら 原爆症が治りこれは肝臓の調子が良くなったから治ったのねと 言ったそうです 肝臓は解毒させる重要な臓器ですがここが調子が悪いと 健康にも影響が出やすい びわまるは肝臓が一気に良くなるので飲まれたほうがいいです 口臭があるかた 口臭は口の中あるいは内蔵から来てるのですが 何人かのかたで口臭でお悩みの方にびわまるを 勧めてのんだら即口臭が治りました 口臭も肝臓と関連性があるのです 緊張すると肝臓は固くなり 目が悪いとまた肝臓が固くなる 以前すごい整体の先生はたしか肝臓をすごく意識されて その上でマックで子供を連れて食べに行っていました びわまるは、癌、肝臓、花粉症、魚アレルギー 性欲が強くなりやすい、蓄膿症、婦人科にいいと言われています 私の方のお客様はほとんど、びわまるは購入されています ぜひお試しください びわの種のサプリメント1000粒。一日20から30粒を目安にお召し上がりください。アミグダリンがビワの種にはなんとびわの葉の1000倍以上も含まれております。 長崎産です。 自然療法研究家の東城百合子先生によれば、ビワの種にはビワの葉の1,200〜1,300倍のアミグダリン(ビタミンB17)が含まれているそうです。 アミグダリンには、 血液浄化作用 抗ガン作用 鎮痛作用 殺菌作用 があるとされ、ビワの種を食べると血液がサラサラにきれいになり、いろいろな病気の予防と治療に役立つと言われています。 生のままだと苦くて食べにくいので焙煎して食べることが多いようです。最近では、焙煎した種を微細粉末にしたものや、さらにそれを錠剤タイプにしたものも販売されており、誰でも手軽に試せるようになりました。 花粉症やアレルギー性鼻炎などに卓効があります(※1)。普通1時間ほどで効果がみられ、6〜8時間ほど効果が持続します。 最初は多めに食べ、効果が確認できてから適宜量を減らすと良いでしょう。(例:花粉症がビワの種で即改善) 慢性の便秘症や生理痛にも効果があります。(例:慢性の便秘を完全に克服) ガンなどの難病にも優れた効果があり 肝機能の改善にも効果があります(※2)。 「ビワの種を食べると疲れがとれる」といって愛用している人もいます。 ※1:平成20年3月29日付『高知新聞』に、「ビワの種で花粉症改善 高知大学医学部グループ」という記事が掲載されました。 ※2:平成14年12月5日付『高知新聞』に、「ビワの種で肝機能改善 高知医大病院グループ解明」という記事が掲載されました。 販売ページはこちらです。興味ある方はどうぞ試してみてください
定価 10,800円(本体10,000円、税800円)
販売価格 10,800円(本体10,000円、税800円)
購入数


About the owner

アップルゴールド れい

日本総合医学会会員(食養リーダー)、サプリメントアドバイザー、耳つぼダイエットアドバイザー、ビワの葉温熱療法普及会会員、指導員資格、ビワ温熱療法普及会より推薦あり、ビワの葉温熱療法普及会会員で実績ダントツ一番でよく新聞に掲載されています。 癌、アトピー、難病を数知れず治しております 癌だと余命1か月、末期がんを半年で消滅、世界で一人と言われた難病の赤ちゃんも良くした実績あり。 各先生および看護師さんたちからもご紹介を受けてこられる方が 多いです 私は過去に身内の難病(重症なアトピー)、自分の体調不良のために 軽く1,2千万も使いあらゆるジャンルの治療法を自分で体験して勉強しまして結局難病、がんに強いお寺の加持祈祷をみつけました。 びわ療法に関しては王瑞雲医師より勧められて勉強した次第です。 癌では数えきれないほどの実績を残し取材を幾度も受けました その取材記事は帯津三敬病院でも配布される新聞です。 ブログに実績内容について書いております ぜひ参考になさってください。 医者も多数入ってるグループのびわ普及会にて実績は一番です。この会は帯津良一先生、東城百合子先生の所とも関係しております。

Top